体を大きくするには2つの方法が!あなたはどっちを選ぶ?

体を大きくするには

今回は体をいかに大きくしていくかについて書きたいと思います。

 

ですので今回の内容は

「細いから体重を増やしたい」

「増量して今よりも筋肉のある体にしたい!」

といった方向けになっています。

 

スポンサーリンク

2種類の増量方法

体を大きくするには2つの有効な方法があります。

それは体を思い切り大きくするか、脂肪をできるだけつけないように筋肉をつけていくのか、です。

 

どちらにも共通なのは、体をバキバキにするには体重を増やしてから減らすということです。

細いのがお悩みの人は増量した状態で目標達成となりますが、一般的には脂肪を落としながら筋肉をつけるというのは難しいとされています。

 

筋肉をつけるには、摂取カロリー>消費カロリー

脂肪を減らすには、摂取カロリー<消費カロリー

 

と両者は矛盾しているため、いっぺんに進めることはできないのです。

 

そこで今回は「増量」にテーマを絞ってお話ししたいと思います。

 

この一度体重を増やすにはいくつかの方法があります。

 

その2つの方法について順番にやり方、メリットなどを見ていきましょう。

 

 

①ダーティバルク(大きく増量する)

この方法は、好きなものをたくさん食べて体重を一気に増やす方法です。

 

<増量期>

好きなものを食べ、摂取カロリー>消費カロリーの状態を常に維持しながら筋トレをする。

 

この時には筋肉をつけるため、高たんぱく/高脂質/高炭水化物の食事で体重をどんどん増やしていきます。

脂肪がつくのは当たり前なので、どんどん食べて筋トレをしてください。

 

メリットとしては、

・筋肉が早く大きくなる

・カロリー制限などを気にせず食べることができる

・カロリーを多くとって筋トレするためパワーが出やすい

 

デメリットとしては

・脂肪もついてしまう

・減量期の食欲管理がより大変になる

 

 

②クリーンバルク(脂肪をつけないように少しずつ増量する)

この方法は、脂肪をできる限りつけないように増量し、軽い減量で体を絞る方法です。

 

<増量期>

体に良いものを適切な量だけ食べ、摂取カロリー>消費カロリーを維持しながら筋トレをする。

 

摂取カロリーを多くすることに変わりはないのですが、より健康的な食べ物で増量していきます。

脂質をある程度抑え、炭水化物をコントロールして筋肉を効率よくつけていきます。

 

メリットとしては、

・脂肪をあまりつけずに筋肉をつけることができる

・健康に良い食事をするため、体質や体調が良くなる

・減量するときに楽に体重を落とせる

 

デメリットとしては、

・カロリー、栄養のコントロールが難しい

・自炊して料理を作る必要があるため、時間がかかってしまう

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ここまで2つの増量方法について書きましたが、おすすめなのはダーティバルクです。

 

やはり日々の生活の中でカロリーと栄養をうまくコントロールし、体重を増やしていくというのは難しいと思います。

それでも増量できない、太れないという方は

プロテインを牛乳に溶かしたものを一日3回飲んでみてください。

一日に必要最低限のタンパク質だけでなく、一食分にあたるカロリーを摂取することができます。



ゴールドジムプロテイン

それぞれの詳しいやり方についてはまた記事を書かせていただきます。

まずは自分なりの増量方法を見つけてみてください!

タイトルとURLをコピーしました