【筋トレ】脂質は減らしても良い?ダメ?

油=体に良くない?

 

今回は、前回に引き続き3大栄養素の一つである脂質について書きたいと思います。

 

油というと体に悪いというイメージがありますが、

結論からいうと、摂取するべき油とそうでない油があるのです。

脂質をコントロールできるのかによって、ダイエットがうまくいくかどうかが決まってきます。

 

それでは脂質の種類や役割について見ていきましょう。

脂質とは?

脂質とは、簡単にいってしまえば「油」のことです。

 

体の中で1グラム9カロリーとなります。

 

タンパク質、炭水化物が1グラムで4カロリーのため、他の栄養素と比較しても高カロリーですね。

脂質の種類

次に脂質の種類についてです。

 

脂質には

飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があります。

 

①飽和脂肪酸

これは一般的な油です。

マーガリンやラードといった油を指します。

 

摂取しすぎると体に悪いですが、わざわざ摂取するメリットはほぼありません。

 

「ダイエットするときには一番初めにカットすべき油」と覚えておきましょう。

 

こういった油は、現代社会に生きる私たちにとっては多くとりすぎてしまっているのが現状です。

 

②不飽和脂肪酸

この不飽和脂肪酸は、「体に良い油」と覚えてください。

ナッツやオリーブオイル、ココナッツオイルなどが不飽和脂肪酸にあたります。

 

また、サプリの宣伝で見たことがある人がいるかもしれませんが、青魚の油も不飽和脂肪酸です。

 

こういった不飽和脂肪酸は、現代社会では意識しないとなかなか摂取することができません。

摂ってはいけない不飽和脂肪酸とは?

いま、不飽和脂肪酸は体に良いと言いましたが、摂ってはいけない不飽和脂肪酸があります。

 

それは、トランス脂肪酸です。

 

聞いたことがある人もいるかもしれませんが、このトランス脂肪酸はマーガリン、クッキー、スナックなどに多く含まれています。

 

最近では、大手コンビニチェーンがこのトランス脂肪酸を0にすることを掲げていますが、

ダイエットをしている、していないに関わらず、トランス脂肪酸の摂取は極力避けたいものです。

 

ダイエットにおすすめのお手軽な脂質とは?

最後に、明日からダイエットに取り入れられる脂質食品を紹介したいと思います。

 

①アボガド

これは有名ですが「森のバター」といわれるだけあり、アボガドは良質な脂質を含んでいます。

日本では取り扱いが少ないですが、「アボガドオイル」というものも存在します。

普段食べない方はなかなか手が出しにくいかもしれませんが、この機会にチャレンジしてみてください

 

②鯖缶

ダイエット、筋トレをする場合において鯖缶は非常にありがたい食品です。

余分な油が入っていない上に、良質なたんぱく質と脂質、さらには骨まで食べられるのでカルシウムも摂取できます。

 

③ココナッツオイル

これは普段使っているサラダ油をココナッツオイルに変えることで料理をするたびに良質な不飽和脂肪酸を摂取することができます。

甘い匂いが気になる…という方も調理してしまえば匂いはなくなりますので是非一度使ってみてください。

オリーブオイルでもよいですが、オリーブオイルは参加が早いため、サプリメントでの摂取をお勧めします。

一度使ってみて、オイルで摂取するのかサプリで摂取するのかを決めることをお勧めします。

 

まとめ

以上脂質について書きましたがいかがでしたでしょうか?

 

少し意識するだけで普段撮っている悪い脂質を減らし、良い脂質を摂取することができます。

 

ダイエットというと油を減らせばいいと思う方も多いですが、

ダイエット成功のためには「良質な脂質を適切な量」摂取することが大切です。

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*