ハードゲイナーって何?あなたの遺伝子タイプはどれ?

あなたはどのタイプ?

 

太りやすい?そんなあなたは素晴らしきイージーゲイナーかもしれません。

 

今日お話しするのはハードゲイナーとイージーゲイナーについてです。

聞き慣れない言葉だと思いますが、自分が太りやすいか太りにくいかということです。

 

「そりゃ太りにくい方がいいでしょ!」と思われるかもしれませんが、これからトレーニングを始める方や初心者の方には知っておいていただきたいことがあります。

 

それは、人間には太りやすさに関する3つの遺伝子タイプがあるということです。

 

太りやすさに関係した3つのタイプとは?

 

①外胚葉型

 

これはいわゆる痩せ型の方のことを指します。

どんなに食べても脂肪はほとんど付きません。ただ、筋肉も同様につかないのです。

 

こういった方は増量(gain)が厳しい(hard)ことからハードゲイナー(hard-gain-er)と呼ばれます。

 

ハードゲイナーが筋肉をつけるには

・食事量を増やす

これは絶対的に必要です。

個人的にはハードゲイナーの人は増量の9割がこの食事にあるといって過言ではない、といえます。

 

・速筋を鍛える

速筋とは大きな力を出すことはできるが、持久力がない筋肉のことで、瞬発系の動きに関連します。

この速筋は筋トレをすることで大きくなりやすいため、もともと体の細いハードゲイナーには必要な筋肉なのです。

 

②中胚葉型

 

これは筋肉が付きやすいタイプです。

みなさんの周りにも、「なんで対して運動していないのにあんなにマッチョなんだろう」という方がいらっしゃると思います。

 

骨格ががっちりとしていて肩幅が広い。

そして筋肉が付きやすく、脂肪もある程度は付きやすい。そういった方は簡単に増量できることからイージーゲイナー(easy-gain-er)と呼ばれます。

 

イージーゲイナーが筋肉をつけるには?

・筋トレをする

イージーゲイナーは一番筋トレの効果が出やすいタイプのため、

食事で必要なカロリーを取っていれば、筋トレの効果が目に見えて出ると思います。

実にうらやましい…

 

・正しいカロリー摂取量をコントロールする

これはハードゲイナーと同じく大切です。

イージーゲイナーは筋肉もつきやすいですが、ある程度の脂肪もつきやすいタイプです。

そのため、運動をあまりしないという人は食べすぎると脂肪がついてただの太っている人になってしまいます。

 

③内胚葉型

 

内胚葉型、じつはなかなか大変な遺伝子タイプなのです。

女性に多いと言われていますが、簡単にいうと少しの栄養で足りる人ということです。

 

少し食べるだけで太ってしまう。

そんな方はこの内胚葉型かもしれません。

 

内胚葉型の人が意識したいこと

・運動習慣をつける

内胚葉型の人は、人よりも太りやすく痩せにくい体質を持っています。

そのため、運動習慣をつけて今の身体をキープ、あるいは減量する必要があるのです。

 

 

個人差の中で努力しよう!

以上述べてきた遺伝子の差異は先天的なもので、後から変えることはできません。

しかし、どんなに痩せ形でも正しく増量を行えば筋肉は付きますし、どんなに太っていても減量をきちんとすることで痩せることはできます。

 

自分の身体と向き合って、少しづつ進んでいきましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*